新規事業を立ち上げる際、会社設立をするか、個人事業主として始めるかは大きなポイントです。会社法の改正により、昔に比べて今では個人でも誰でも簡単に会社設立が可能になりました。今では、株式会社でも資本金1円から設立できるようになったため、会社設立のハードルは非常に低くなりました。会社設立をするメリットとして大きいのは、個人事業主では得られない信用を得られることです。

しかし、会社設立をする際には、税務上確実に行うべき検討や手続きがあります。これは、会社設立に慣れていない一般人にとっては、なかなかハードルが高い作業です。そのため、会社設立の際には、税理士に相談して協力してもらうという手段があります。会社を立ち上げると、後々必ず税理士が必要になってくる場面が出てきます。その時に税理士を探すより、会社設立段階で税理士に相談して提携しておく方が、節税などのメリットが大きいのです。

会社設立の際に税理士に相談するメリットとデメリットに関しては、あまり知られていないことです。そのため、会社設立時に税理士を使わなかったことで、本来必要な手続きや検討を見落としてしまい、後になって数百万円の税負担が増えるというケースも起こる可能性も考えられます。会社設立を考えるのであれば、税理士への相談は必ず行っておきたいものです。当サイトでは、会社設立の前に、税理士に相談するメリットとデメリットや、会社設立の際に必要な税務上のポイントなどについて紹介します。