会社設立の前に税理士に相談するメリットはたくさんあります。会社の設立時には、さまざまな登記申請や、書類の提出など、煩雑な手続きが山ほどあります。これを個人で行うのは容易なことではありません。もちろん、不備は一切認められないため、書類作成の手間や手続きにかかる時間を考えると、税理士に相談して手続きを一任する方が確実かつ安心です。会社設立には、税務上の手続き以外にもやるべきことがたくさんあります。税理士に任せられる部分を任せることで、他のことに時間を使えるというメリットもあります。

税理士は会社設立に関しての専門的知識を持っています。そのため、会社設立を円滑に進めることができるのです。消費税の還付を受けるための届け出や、税金の優遇措置を受けるための青色申告の届け出は提出期限があるため、期限内に提出しないと税金の優遇や還付が受けられません。税理士に相談せず個人で会社を設立しようとして、こうした提出期限のある届け出を見落としてしまうケースは多いです。会社設立時にしかもらえない助成金がもらえるケースもありますが、こうした助成金も、税理士の知識がないと知らずに損をしてしまいます。

また、会社設立の際に必ず必要な資本金ですが、これも資本金の額によってその後の税金が変わってきます。資本金が一定以上になると免税事業者になりません。さらに、役員報酬の変更も、会社設立後の変更になると、税務上の制限があります。節税のためには、こうしたさまざまな項目に関して考える必要がありますが、税理士に相談することで、良いアドバイスを受けられるでしょう。