会社設立時に税理士に相談すると、その後も会社の経営に関する顧問契約を結ぶケースがほとんどです。なかには、会社設立前から税理士と顧問契約を結ぶのはまだ早いのではと思って、会社の経営が軌道に乗ってから税理士に依頼しようと考えている方もいます。しかし、そういう方ほど、あとで税理士と契約を結んでから、これまで無駄な税金を支払っていたことに気付き、後悔する場合が多いそうです。早めに税理士に相談することで、無駄な税金を支払うリスクを限りなく抑えることができます。会社設立時から税理士に相談して顧問契約を結び、節税に役立てることをおすすめします。

税理士のサポートを受けることで、会社経営に関するさまざまな相談ができるのは非常に心強いものです。税理士には、税金の相談だけでなく、経理や資金繰りなど、お金に関するあらゆる内容を相談することができます。税理士というと、税金の相談以外あまりイメージがわかない方もいるかと思われますが、実は税理士には意外と細かい内容まで、日常的に気軽に相談することができるのです。

たとえば、請求書や領収書の上手な整理の仕方や、便利な会計ソフトの使い方を教えてもらったりといった、日常業務に役立つ基本的な事も税理士に教えてもらえます。もちろん、会計ソフトの入力や経理を全て代行してもらうことも可能です。さらに、会計帳簿が間違っていないか定期的に確認をしてもらうことで、税務調査で追徴課税されることを防ぐことができます。その他にも、融資を受けるための資料を作ってもらったり、税務調査の時の代理人として税理士に対応してもらったりと、さまざまなところで税理士は役立ちます。