会社設立時にすべて自分で手続きを行うのと、税理士に相談するのと、どれくらい費用に差があるのかという疑問もあるでしょう。その疑問点を解決するため、会社設立時にかかる費用と税理士に相談した場合の相場をまとめました。

まず、設立時にかかる費用ですが、これは税理士に相談せず自分で設立をした場合の費用です。会社設立時に必要なのは、定款認証印紙代4万円と、定款認証手数料5万2,000円、登録免許税15万円の合計24万2,000円です。定款認証とは、会社設立に際して作成した定款を公証人役場で認証するための手続きです。登録免許税は会社設立時の登記登録に課税される税金です。登録免許税は、資本金額の1,000分の7か、1,000分の7が15万円に満たない場合、1件の登録につき15万円の税金がかかるものです。会社設立には、自分一人で手続きを行っても、最低でもこれだけかかります。

これらの手続きを税理士に代行してもらった場合、定款認証印紙代がかかりません。実は定款認証はデータで手続きを行うことができるのですが、その場合は紙に出力する必要がなくなるので、印紙代の4万円がかかりません。データでの定款認証は、電子証明や専用のソフトウェアが必要なので、一般事業者が行う事は難しく、税理士が行うのがほとんどです。定款認証手数料と登録免許税は、自分で申請した場合と同じだけかかります。そのため、自分で設立手続きを行う場合と、税理士に相談した場合の費用の違いは、会社手続きに伴う税理士と司法書士手数料の支払いという点です。司法書士も税理士も、手数料の相場は大体3万円から5万円程度です。しかし、会社設立時に税理士に相談した場合、税務顧問を同時に契約することで、その後の会社運営に関する税金のサポートを受けられる上、会社設立の費用の手数料を割引してくれるケースが多いようです。